本の記録
読書感想文。
admin


http://jugem.jp/
http://biancca.net/
有頂天家族
11月 04日 * 18:22 * 森見 登美彦 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

京都に住みつく狸の家族の話。天狗の話。半天狗の話。人間の話であって、
京都ファンタジー!っていうような荒唐無稽な話がおもちろおかしく語られていくのだけれど、
素敵な家族の絆が描かれていたり、ちょっとした乙女心が描かれていたり、
しょーもない話の合間に垣間見えるそんなものがまたよいのです。

狸というものは阿呆なもので、阿呆であることこそが偉大。
無駄を愛する心にあふれた素敵な作品なのでございます。
これぞ、阿呆の血のしからしむるところだ。
阿呆とはなんと可愛らしいものなのでしょう。私は可愛らしいものが大好きです。

ものすごく大切な人の大切な人であっても、自分自身がその人と初対面ならば、その人は知らない人だよな。
情なんてはいる余地もないよな。みたいな当たり前のことにしみじみしてみたりね。

あまり書くとネタバレになってしまうのでこのへんで。

JUGEMテーマ:読書


-
new | top | old