本の記録
読書感想文。
admin


http://jugem.jp/
http://biancca.net/
ステップ
04月 11日 * 08:24 * 重松 清 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --


お久しぶりの重松清。
この人の小説はやっぱり重たい。ズシンと重たい現実味。

「ステップ」には、足取りや歩みの意味と、ステップファミリーの意味を重ねた。血縁関係のない家族を示す言葉に「ステップ」が冠してあることの温もりを感じながら、この後記を書いた。

(文庫版のためのあとがきより)


というわけで、このお話は妻に先立たれた夫が幼い娘を一人で育てていきつつ再婚相手と出会うまでのお話。
私自身がシングルマザーということもあり、大人ひとりで子供を育てていく大変さは身にしみてわかっているつもりでいます。
作中のお父さんは、娘が1歳半の時に奥さんに死なれてしまう。それも突然に。
1歳半ってのは赤ちゃんです。やっと歩きはじめたかなっていうくらいの、言葉もやっと喋り始めるくらいのそんな年頃。

営業職から総務に異動したり、残業しない、1時間早く仕事に行って1時間早く帰宅するフレックスを会社に認めてもらう、そういう働くひとり親の大変さは描かれつつも、実際にひとりで乳児〜幼児を育てる大変さはこの程度では収まらないとも思ったりする…のですが、おおまかなところでひとりで子供を育てる感じはリアルに描かれてるなあ。と感じました。

そう、重松清の小説はリアルなのです。

おじいちゃんおばあちゃんなどの身近な大人の援助がなければ、ひとりで子供を育てるのはすごく大変。
仕事か子供かって迫られたらどう考えたって子供のほうが大事なのだけれど、仕事は子供の都合では回らないのもまた真実。仕事の時間と子どもの時間はほんっとうに相容れないものだと私は実感する。
子供が病気で、、と休んだ人がつくった穴を埋めるのは他の会社の人なわけで。
周囲の人たちは子供の病気のせいで仕事の負荷が上がるっていう、これが会社時間だよなあ。

このへんの折り合いってうまくつかないものなんだろうかって考えてみるけれど、なんだかすごく難しそう。
仕事の形を子供に合わせるってことしか、きっとできないと思ってたりする。

私は早々に社員という考えは捨て去ったけれど、そして幸いにもお休みや遅刻、早退の取りやすい緩い職場に恵まれているけれど、派遣社員の給料だけで家族4人が食っていくのはやっぱり無理があるよね。。。としみじみ思う。
今それでも暮らしていけるのは、行政からの補助があるからに他ならないのです。

この物語の本題は子育ての大変さではもちろんなく、生きていくって事だと思う。
死んでしまった妻は自分に悲しみをくれた。その悲しみによって育まれた部分がある。
それは、母がいないという悲しみとずっと向き合ってきた娘に関しても。
彼は死んでしまった妻に語りかける。「お前もきちんと子育てしてるんだな」と。

別れたくない人と別れてしまう悲しさは、私達の心に大きなキズを残す。
小説のなかの彼らも、どうしようもない傷を抱えながら、薄れながらもずっと消えることのない痕として抱えている。
でもその傷があるから優しさを知ることができる。

生きるってことは人と出会って関係を育んでわかれることの繰り返しだと思う。
わかれたあとに関係が終わるかというとそうでもなかったりする。
傷ついたり痛かったりすることはしんどいけれど、それはもう生きるうえで必ずついてまわることなんだろう。
そしてそれは、そんなに悪いことでもないのだろうなあ。

母を亡くした記憶のない娘は、祖父との別れを胸に刻みつける。
そして、新しい「お母さん」を迎え入れる。
こういうことがきっと、生きている醍醐味なんじゃないのかなあ。と思ったりしました。


本当にテーマが重たいしリアルだしで、この人の小説を読むといつも色々考えてしまう。
でも、いつだって最後は「生きているのは悪くない」っていう苦い希望が生まれるのです。
-
new | top | old