本の記録
読書感想文。
admin


http://jugem.jp/
http://biancca.net/
聖なる怠け者の冒険
06月 11日 * 08:43 * 森見 登美彦 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
森見登美彦の久しぶりの小説です。
文庫派な私が待ちきれずに買ってしまったよ。もう超待ってた!

宵山のある週末をめぐる、ポンポコ仮面と怠け者の話。

一生懸命尽くしたのに、なんだこの仕打ちは!という、頑張ってる人に待ち受ける理不尽なことの数々に対する叫びみたいなのがすごく印象に残りました。
この人はこういう役割だからこうしなければならない、ということを片っ端から、徹底的に否定していた小説のような気がします。

ああ、森見氏の小説ちょっと変わったな、前よりも優しい感じになってるなと思いながら読了。

ぽんぽこ、といえば狸で、宵山、といえば宵山万華鏡。
この作品は、宵山万華鏡と有頂天家族ともちょこちょこリンクしています。
ちょこちょこなので2作を読んでいなくても十分楽しいお話ですが、知っていると「おお・・・」となってちょっと感慨深い。

週末を怠けるために必死になる主人公と、充実した週末を過ごすために必死になる人。
人から感謝されたいと必死になる人。
でもみんなカワイイ。等しくカワイイ。

あー。京都行きたい。って思える素敵な京都ファンタジー小説です。

JUGEMテーマ:読書


-
new | top | old